玄米ドッグフードのメリット

ドッグフードでは犬の消化性の問題から穀物の使用が避けられているのが現状ですが、穀物の種類や加工方法により消化性の問題を排除し栄養源として活躍するものもあります。
玄米もその一つで穀物のなかでも栄養が豊富、肥満になりにくい、アレルギーが少ないなどのメリットがあります。

栄養が豊富

お米にはタンパク質やビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、カルシウム、食物繊維などが豊富に含まれています。
白米では精米の段階で失われてしまう、ミネラルやビタミンも失うこと無く摂取する事が出来ます。

植物性タンパク質は動物性タンパク質に比べ素早くエネルギーに変換される特徴があります。
そのため体を動かす原動力となり、活発に運動する犬には最適な食材となります。
また体内バランスと整えたり、脳の活性化にも効果があるといわれています。

肥満になりにくい

玄米は白米に比べるとカロリーも少なく血糖値の上昇も緩やかなため、肥満になり難いのも特徴のひとつです。

穀物が太りやすい原因に、炭水化物の働きが大きく関わってきます。
炭水化物には素早く吸収される単一炭水化物と、ゆっくり吸収される複合炭水化物とがあります。
この吸収速度が白米に比べ玄米はゆっくりのため、肥満になりにくいとされています。

カロリーオーバーとなりやすいため、手作り食で使用する場合は摂取量を考慮して肥満にならないよう気を配ってあげて下さい。

アレルギーが少ない

小麦やトウモロコシと比較すると米アレルギーを持つ犬はほとんどいません。
そのため玄米はアレルギーとなる可能性が低い食材と言えます。

穀物アレルギーの子はほとんどが小麦にふくまれる「グルテン」と呼ばれる物質により発症します。
玄米にはグルテンが一切含まれていないため、アレルギーとなり難いとされています。

アレルギーが一切ないというわけではありませんので、始めて与える場合は少量から様子を観察しながら与えるようにして下さい。

玄米は穀類の一種ですので、玄米が配合されたドッグフードを摂取する場合には消化性を考慮した加工方法で加工されたものを選ぶようにして下さい。
手作り食で玄米を使用する場合には、多めの水でしっかり炊いた後、フードプロセッサーやすり鉢などでつぶしてあげる事で消化性がアップします。
体重5kgの成犬で1日あたり300gを上限に、肉:米:野菜が5:4:1になるようにして下さい。