魚介系ドッグフード

ドッグフードの主原料には動物性タンパク質として牛や豚、鶏など肉の他に魚や甲殻類、貝類などを使用しているものがあります。
魚介系を主原料や原材料として使用するメリットとしては、高タンパクで低カロリー、オメガ3脂肪酸が豊富、アレルギーになり難い、タウリンやアスタキサンチンが豊富などがあります。
逆にデメリットには、腹持ちが悪い、嗜好性が低下(食い付が悪い)などがあげられます。

高タンパク・低カロリー

魚介系の主原料として使用されるサーモンやサバ、タラなどは、高タンパクで低カロリーな素材として有名です。
消化性もよく肥満予防にも繋がると言われていますし、内臓への負担軽減にも繋がります。

身体機能の低下した老齢犬やダイエットが必要な愛犬に特にオススメされます。

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸の一つで、犬の必須脂肪酸です。
DHAやEPAの総称の事で、血液をサラサラにする効果や中性脂肪を減少させる効果などがあります。
心臓病や動脈硬化などの病気の予防にも効果があるとされています。

また免疫力を高めたり、皮膚や被毛の健康維持にも大きな役割があります。

アレルギー

魚介系は豚や牛などの肉に比べ比較的アレルギー反応が出にくいとされています。
四肢動物や鶏などにアレルギーのある愛犬では魚介系のドッグフードがオススメされます。
四肢動物のなかでもラムやターキーは低アレルギーの食材として有名ですが、魚介系はラムやターキー以上に低アレルギーな素材だそうです。

オメガ3脂肪酸であるEPAにはアレルギー体質の改善にも効果があるとも言われています。

タウリンやアスタキサンチン

タウリンはホメオスタシス機能があるため、血圧の安定化や肝臓の働きの再生の促進などの働きがあります。
サーモンやえび、カニなどに多く含まれるアスタキサンチンには活性酵素の働きを抑える抗酸化作用があります。

デメリット

魚介系のドッグフードは消化性がよいのが特徴ですが、消化性が高いため腹持ちが悪くなります。
催促するからと必要以上に与えすぎたりしないよう、量や回数などをしっかり管理する必要があります。

また、牛や豚、チキンなどの肉に比べると嗜好性も低下します。
ドッグフードは嗜好性に左右されること(食べてくれるかどうかが重要)になりますので、魚介系のドッグフードは嗜好性の高さを考慮する必要があります。
口コミや評判を調べて購入するのがオススメです。