安いドッグフードの価格はどれくらい

ドッグフードの値段はその原材料や製法によって変わってきますが、安いドッグフードはだいたい1kgあたり500円以下で販売されています。
プレミアムフードと呼ばれるドッグフードは1kgあたり2000~3000円程度ですので、だいたい1/4程度の価格です。
安い価格で販売できる理由には原材料が大きく関わってきます。

穀物

ドッグフードのパッケージ裏には原材料表記が記載されており、使用量の多い順から記載されています。
一番最初に記載される原材料を主原料とよび、安いドッグフードの主原料はトウモロコシや小麦など穀類である事がほとんどです。
穀類は肉類に比べて単価が安く、そのためドッグフードを安く提供する事ができます。

穀類は犬の消化性に不向きとされているため、ドッグフードの主原料は肉類(動物性原料)である事が望ましいとされています。

肉類

また肉類であっても4Dミートや肉の副産物と呼ばれる粗悪な原料を使用した場合も、単価が安くフードの値段も安くなります。
病気の動物のお肉や人用の食品では破棄されるような部位などを使用しているため、安全性や栄養価に大きく不安が残ります。

粗悪な原料は原材料表記ではミートミールや○○副産物などとあいまいな表記で記載されていますので、チキンやビーフ、ターキーなど明確に記載されているものを選んであげるのがオススメです。

添加物

ドッグフードは保存性を高めるために酸化防止剤や保存料などの添加物が配合されます。
この添加物も安価なものから高価なものまで幅広くあり、安いドッグフードでは合成添加物と呼ばれる安価な添加物が使用されます。

エトキシキンやBHA(ブチルヒドロキシアニソール)、BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)、ソルビン酸 、パラオキシ安息香酸などが合成添加物として知られており、これらは発がん性の可能性が高いといわれています。

ただ添加物に関しては使用していないのが良いとは限りません。
酸化したフードは添加物が大量に配合されたフードより危険と言われています。
フードが酸化しないように長くても1ヶ月以内に食べきるようにしてあげて下さい。

安価=質が悪いとされていますが、もちろん価格が安くてもしっかりと製造されているドッグフードもあります。
原材料表記や公式ホームページを確認し、愛犬に食べさせても問題ないかしっかり調べて選ぶ事が大切です。
原材料表記だけでなく成分表もフードの質に大きく関わりますので参考にして下さい。