減塩にこだわったドッグフード

一般的に総合栄養食として市販されているドッグフードは犬の必要とする栄養素をバランス良く配合しているため、特定の栄養素の過不足については特に心配する必要はありません。
しかし老齢になってきたり心臓病などの病気に罹患した場合にはナトリウムの摂取量を制限する必要があるため、減塩フードを与える必要がある場合があります。
減塩にこだわる理由としては心臓への負担を軽減するなどがあります。

心臓への負担を軽減する

塩分を沢山摂取した場合、犬は大量の水を飲むようになります。
そうすると血液量が増え
、結果的に心臓に大きく負担をかけてしまうことになります。
そのため塩分の多い食事を続けると心臓病のリスクが高まるとともに、腎臓への負担から腎臓病へ発展する可能性もあります。

人の食事は犬には塩分が多すぎるため与えないようにする事はもちろん、犬用のおやつであっても塩分が多めに設計されているため与える量に注意する必要があります。

しかし逆に塩分を摂取しないようにしてしまうと、塩分不足になり他犬の尿を舐めたり、土や壁などを舐めるようになります。
健康に問題のない成犬には体重1kgあたり10~50mgほどの塩分が必要とされています。
腎臓病や心臓病が気になる愛犬には塩分控えめの「療法食」を試してみるのがオススメです。
その場合は一度獣医師に相談するようにして下さい。

老齢の場合では、加齢とともに心臓の動きが弱ってきますので、成犬と同じだけの心臓のポンプ力がありません。
そのため老齢になった場合でも塩分の制限をする必要があります。

療法食

療法食を選ぶ場合、愛犬の食い付きを考慮してあげるようにして下さい。
塩分を制限しているフードは素材そのものの味を楽しめるのがメリットですが、逆に素材が粗悪なものだと美味しくなく食欲が低下してしまいます。
高品質な肉や魚を使用した療法食を選ぶ事で、減塩フードでも美味しく食べてくれるようになります。

総合栄養食

健康で元気な成犬には塩分を制限する事なく一般的な総合栄養食タイプのドッグフードを与えるのが一番です。
しかし格安で売られているドッグフードのなかには、塩分が大量に含まれているものがあります。
多少値段が高くても品質の良いドッグフードを与える事で、病気を未然に防ぐ事にも繋がります。
プレミアムフードと呼ばれる1kgあたり2000円ほどのドッグフードの中から選ぶのがオススメです。